年金の未来に向かって企業年金、公的年金などの機関投資家様向け資産運用コンサルティング

野村の年金リサーチ

企業年金を訪ねて

年金ニュース解説

新着情報一覧

2020年10月26日
会員専用
マーケットアウトルック
マーケットアウトルック 2020年10月26日
【米国市場】投資の視点:米大統領選と議会選の結果について、以下3つのシナリオを想定しています。①トリプル・ブルー(バイデン大統領+民主党が上下院も制する)、②バイデン大統領+上院の過半数が共和党、③トランプ大統領+下院ないし上下院の過半数が民主党。なお、トリプル・レッド(トランプ大統領+共和党が上下院も制する)の可能性は低いと思われます・・・
2020年10月26日
会員専用
年金ニュース解説
確定拠出年金専用ファンドの動向(2020年9月)
2020年度第2四半期の確定拠出年金専用ファンドの残高は6兆8,888億円となりました。第1四半期に続いて、株式などのリスク性資産が上昇し、残高は増加しました。収益率をみると、内外株式は一時下落もありましたが、四半期でプラスとなり・・・
2020年10月22日
 
セミナー
野村ヘッジファンドフォーラム2020 ≪オンライン開催≫
2020年10月19日
会員専用
フィデューシャリー・リサーチ
生保一般勘定の研究(Ⅱ)
筆者は2013年に「生保一般勘定の研究」と題したリサーチレポートを発行した。当時は、生保一般勘定がまだ拡大していた時期である。また、退職給付会計基準の改正等の影響で、従来以上に下方リスクを意識せざるを得ない企業年金基金にとっては、金利上昇リスクが存在しない生保一般勘定が有力な投資対象となっていた時期でもあった・・・
2020年10月15日
会員専用
コラム
コンサルタント・オピニオン No.26 HMCにおける運用方針の変革について
米国の大学基金(以下、米国基金)の多くでは、寄付金の運用(エンダウメント運用)が積極的に行われている。近年では、この運用モデルを取りいれた年金基金やファンドも見られ、エンダウメント運用の方針や体制への関心が高まっている・・・