野村年金ニュース解説月2回~4回発行

会員ページに掲載中のリサーチテーマの一部をご紹介しております。
レポートの本文は会員ログイン後にご覧いただけます。会員登録がお済みでないお客様は「会員登録」よりお手続きください。

最新レポート

野村年金ニュース解説 No.839 2020年7月27日号
確定拠出年金専用ファンドの動向(2020年6月)

2020年度第1四半期の確定拠出年金専用ファンドの残高は6兆4,410億円となりました。株式などのリスク性資産の上昇と資金流入により、残高はコロナショック前の2019年12月末の水準までほぼ回復しました。収益率をみると・・・

野村證券株式会社
フィデューシャリー・マネジメント部
木須 貴司

バックナンバー(直近5件分)

No. タイトル 執筆者 発行日
No.838 企業年金の運用状況(2020年度第1四半期)
2020年度第1四半期における確定給付型企業年金の運用利回りは、確定給付企業年金で4.1%(推計値)、厚生年金基金で6.1%(同)となった模様です。また、同期間の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用利回りは7.8%(同)となった模様です・・・
石田 智也 2020年7月13日
No.837 ASEANにおける再生可能エネルギーの資金調達の動向
ASEAN(東南アジア諸国連合)では、エネルギー需要の急速な拡大を背景として、再生可能エネルギーの重要性が高まっています。本稿では、ASEANにおける再生可能エネルギーの利用拡大を支える資金調達の動向について整理します・・・
北野 陽平 2020年6月29日
No.836 日本の金利上昇リスクと現代貨幣理論(MMT)
令和2年度の我が国の補正予算の規模は、新型コロナウィルスによる経済低迷を克服するため、空前の規模となりました。そこで気になってくるのは、日本の財政の持続性、今後の金利上昇リスクです。しかし、近年注目を集める現代貨幣理論(MMT)によると、現状はそのリスクは、それほど高くないようです。本稿では、主に近年、注目を集めるMMTについて解説します・・・
木須 貴司 2020年6月15日
No.835 保険会社向け新ソルベンシー規制~概要と予想される影響
昨年の5月から金融庁の有識者会議で、保険会社向けの新たなソルベンシー規制に関する検討が行われています。現行の規制と比べて大きく変わるのは、負債を経済価値(時価)で評価する点です。導入時期は未定ですが、国際的な動向を踏まえると・・・
高松 博之 2020年6月1日
No.834 コロナショック後の資産運用~フォワードルッキングの改訂について
新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的な感染拡大により、投資環境は大きく変わりました。弊社ではこの大きな市場環境の変化を受けて、今後5年、今後10年の期待リターンを改訂しました。本稿では、この改訂について解説します・・・
木須 貴司 2020年5月18日

バックナンバー(過去10年分)