野村年金ニュース解説月2回~4回発行

会員ページに掲載中のリサーチテーマの一部をご紹介しております。
レポートの本文は会員ログイン後にご覧いただけます。会員登録がお済みでないお客様は「会員登録」よりお手続きください。

最新レポート

野村年金ニュース解説 No.820 2019年11月11日号
外国債券の為替ヘッジをどう考えるか

国内債券の利回り低下に伴い、ヘッジ付外国債券への投資が拡大してきました。しかし、ヘッジコストの高まりと長期金利の低下から、ヘッジ付外国債券のリターンも低下しています。このような環境において改めて為替ヘッジに対する考え方を整理してみます・・・

野村證券
フィデューシャリー・マネジメント部
金親 伸明

バックナンバー(直近5件分)

No. タイトル 執筆者 発行日
No.819 確定拠出年金専用ファンドの動向(2019年9月)
2019年度第2四半期の確定拠出年金専用ファンドの残高は5兆9,961億円となり、資金流入の影響で、残高は増加しました。収益率をみると、主要資産の収益率はプラスとなり、金利低下の影響などを受けて、不動産(REIT)は高い収益率となりました。資金流出入をみると・・・
木須 貴司 2019年10月28日
No.818 被用者保険適用拡大の影響
前世紀の終わり頃から非正規雇用と呼ばれる雇用形態の被用者が急激に増大し、これらの者に対する社会保障の在り方が課題となってきました。この増大の背景のひとつとして、働き方の多様化という動きがあり・・・
坂本 純一 2019年10月21日
No.817 企業年金の運用状況(2019年度 上半期)
2019年度上半期における確定給付型企業年金の運用利回りは、厚生年金基金で1.3%(推計値)、確定給付企業年金で1.3%(同)となった模様です。また、同期間の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用利回りは1.4%(同)となった模様です・・・
石田 智也 2019年10月15日
No.816 令和元年財政検証結果について
2019(令和元)年8月27日厚生労働省は厚生年金保険、国民年金に関する令和元年財政検証結果を公表しました。今回も、社会保障審議会年金部会(以下「年金部会」)の要請もあり、前回同様オプション試算も行われ、改正の方向の財政効果も併せて示されています。そこで当稿では、令和元年財政検証とオプション試算の結果を概観することといたします・・・
坂本 純一 2019年9月30日
No.815 生保会社の2018年度決算~生保一般勘定の配当率と健全性の状況~
企業年金向け生保一般勘定の2018年度配当率は、主要生保の全社で減配となりました。国内株式の下落がその主たる要因と思われます。しかしながら、生保会社の健全性指標であるソルベンシー・マージン比率と実質純資産は、依然として高い水準にあります・・・
高松 博之 2019年9月17日

バックナンバー(過去10年分)