野村年金ニュース解説月2回~4回発行

会員ページに掲載中のリサーチテーマの一部をご紹介しております。
レポートの本文は会員ログイン後にご覧いただけます。会員登録がお済みでないお客様は「会員登録」よりお手続きください。

最新レポート

野村年金ニュース解説 No.830 2020年3月30日号
世界的に投資が拡大してきたプライベートアセット、今後の動向は?

足元まで、世界的に投資が拡大してきたプライベートアセットですが、資産価格を中心に情報の更新・反映が遅く、新型コロナウィルス(CODIV-19)に起因する経済環境・資本市場の混乱・悪化の影響や先行きが見え辛い状況にあります。本稿では、プライベートアセットの市場環境や運用者の投資行動、最終投資家への影響等を整理し、今後の動向を考察します・・・

野村證券
フィデューシャリー・マネジメント部
高橋 亨

バックナンバー(直近5件分)

No. タイトル 執筆者 発行日
No.829 SECURE法成立で注目されるライフタイム・インカム商品
米国では2019年12月に「全地域社会における退職保障強化法」(通称、SECURE法)が成立しました。退職後の収入確保を目的とする、ライフタイム・インカムの確保に係る条項が含まれ、リタイアメント資産の取崩しに焦点が当てられました。アニュイティ等を中心に、各金融機関の商品およびサービスの開発動向が注目されます・・・
中村 美江奈 2020年3月16日
No.828 世界を覆う不安~新型コロナウィルスが資産運用へ与える影響
中国・湖北省武漢で発生した新型コロナウィルス(CODIV-19)の感染拡大が続いています。2020年2月25日時点で中国を中心に感染者数は7万8千人を超え、死者も2500人を超えています。本稿では、このウィルスが経済および資産価格に与える影響について考察します・・・
木須 貴司 2020年3月2日
No.827 企業年金制度見直しの方向性~企業年金・個人年金部会での議論の状況
昨年の2月から12月まで、社会保障審議会企業年金・個人年金部会において、企業年金制度見直しに関する議論が行われてきました。12月25日には「議論の整理」が取りまとめられています。今回の年金ニュース解説では、部会における議論について、特に注目されるテーマを中心に解説します・・・
高松 博之 2020年2月17日
No.826 確定拠出年金専用ファンドの動向(2019年12月)
2019年度第3四半期の確定拠出年金専用ファンドの残高は6兆4,746億円となり、資金流入と好調な市場環境の影響で、残高は増加しました。収益率をみると、株式などのリスク性資産の収益率はプラスとなった一方、金利が上昇したため、国内債券のリターンがマイナスとなりました。資金流出入をみると・・・
木須 貴司 2020年2月3日
No.825 運営管理機関連絡協議会 確定拠出年金統計資料(2019/3末基準)のポイント
確定拠出年金(以下、「DC」)は2001年10月の制度発足から加入者等数や資産残高が順調に推移し、企業型DCにおいては価格変動商品と元本確保型商品の残高比率はほぼ拮抗するまでに至っています。一方で、いくつかの課題も存在しています・・・
籔内 大助 2020年1月27日

バックナンバー(過去10年分)