野村年金ニュース解説月2回~4回発行

会員ページに掲載中のリサーチテーマの一部をご紹介しております。
レポートの本文は会員ログイン後にご覧いただけます。会員登録がお済みでないお客様は「会員登録」よりお手続きください。

最新レポート

野村年金ニュース解説 No.814 2019年9月2日号
サステナブルファイナンスの時代

金融市場では近年、サステナブルファイナンスという言葉が浸透しつつあります。サステナブルファイナンスの一部であるグリーンボンド等のESG債については、年金基金が中核的な投資家になっています。年金基金は、今後のサステナブルファイナンスをめぐる動向も踏まえて、運用を検討することがますます重要になると考えられます・・・

野村資本市場研究所
研究部
江夏 あかね、富永 健司

バックナンバー(直近5件分)

No. タイトル 執筆者 発行日
No.813 2019年期待収益率に関するアンケート調査結果より
野村證券フィデューシャリー・サービス研究センターでは、例年、わが国の年金に対して資産運用サービスを提供している運用会社へ主要な資産クラスの期待収益率に関するアンケート調査を実施しています。本稿では、今年度実施したアンケート調査の結果をご紹介します・・・
木須 貴司 2019年8月19日
No.812 厚生年金基金の制度改正を振り返る~法施行から5年が経過して~
厚生年金基金の制度改正が実施された2014年4月1日から5年が経過しました。この間に殆どの厚生年金基金が解散・代行返上を選択した結果、基金数は大幅に減少しました。今回の年金ニュース解説では、厚生年金基金の制度改正法の内容を再確認したうえで、この5年間の主な動きを振り返ってみます・・・
高松 博之 2019年8月5日
No.811 確定拠出年金専用ファンドの動向(2019年6月)
2019年度第1四半期の確定拠出年金専用ファンドの残高は5兆5,486億円となり、資金流入の影響で、残高は増加しました。収益率をみると、国内株式はマイナスとなったものの、海外株式、国内債券、海外債券、マルチアセットはプラスの収益率となりました・・・
木須 貴司 2019年7月29日
No.810 企業年金の運用状況(2019年度第1四半期)
2019年度第1四半期における確定給付型企業年金の運用利回りは、厚生年金基金で0.1%(推計値)、確定給付企業年金で0.4%(同)となった模様です。また、同期間の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用利回りは0.1%(同)となった模様です・・・
石田 智也 2019年7月16日
No.809 バンクローン市場の現在~健全と言えるのか?
レバレッジドローン市場、いわゆるバンクローン市場に対して、リスクを警戒する指摘が少なくありません。たとえば、IMFのレポートでもバンクローン市場はすでにサイクルの後期であり、過去と比べて状況が悪化していると指摘しています。本稿では、なぜそのように指摘されるのか、バンクローン市場の現状を解説します・・・
木須 貴司 2019年7月1日

バックナンバー(過去10年分)