野村年金ニュース解説月2回~4回発行

会員ページに掲載中のリサーチテーマの一部をご紹介しております。
レポートの本文は会員ログイン後にご覧いただけます。会員登録がお済みでないお客様は「会員登録」よりお手続きください。

最新レポート

野村年金ニュース解説 No.848 2020年11月24日号
スウェーデンAP基金の運用動向

スウェーデン公的年金制度のバッファーファンドであるAP基金(AP1、AP2、AP3、AP4)について、運用の規制緩和や目標利回りの引き下げ等、直近の状況を交えて解説します・・・

野村證券
フィデューシャリー・マネジメント部
高田 晴夏

バックナンバー(直近5件分)

No. タイトル 執筆者 発行日
No.847 新型コロナ禍の下で高まるユニバーサル・ベーシックインカムへの注目
新型コロナ禍への対応策に終わりが見えない中、世界各国で、全ての個人に少額のキャッシュを支給するユニバーサル・ベーシックインカム(UBI)に対する注目度が高まっています。既存の所得保障制度と何が本質的に違うのか、UBIの利点・難点を・・・
野村 亜紀子 2020年11月9日
No.846 確定拠出年金専用ファンドの動向(2020年9月)
2020年度第2四半期の確定拠出年金専用ファンドの残高は6兆8,888億円となりました。第1四半期に続いて、株式などのリスク性資産が上昇し、残高は増加しました。収益率をみると、内外株式は一時下落もありましたが、四半期でプラスとなり・・
木須 貴司 2020年10月26日
No.845 企業年金の運用状況(2020年度上半期)
2020年度上半期における確定給付型企業年金の運用利回りは、確定給付企業年金で5.7%(推計値)、厚生年金基金で8.6%(同)となった模様です。また、同期間の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用利回りは11.7%(同)となった模様です・・・
石田 智也 2020年10月12日
No.844 日本版スチュワードシップ・コード改訂について
今年3月に2回目となる改訂が行われた「日本版スチュワードシップ・コード」について、基本的な考え方と改訂のポイントを解説します。レポート後半では、同テーマに関して当部で開催した、オンラインセミナーへお寄せ頂いたいくつかのご質問を紹介し、回答しています・・・
高田 晴夏 2020年9月28日
No.843 リスク要因としてのLIBOR停止
LIBOR(ロンドン銀行間取引金利)は、短期金利の指標として使われるだけでなく、シンジケートローンの利率やデリバティブ取引の指標金利などにも利用される現在の金融市場の重要なインフラです。しかし、このLIBORは2021年末以降、提示されなくなる可能性が高まっています。LIBORの恒久的停止は、影響する範囲が広く、金融市場の今後のリスク要因の一つと考えられます・・・
木須 貴司 2020年9月14日

バックナンバー(過去10年分)